ワーキング主婦のベビ待ちブログ♪
最近のこと 1  - 周囲への報告
 

 

陽性反応から、長い一日をつみかさねているとおもっているけど、

実際はもう2週間が経過しました。

 

心拍確認が私にとっては一つのヤマだったので、

少し心の余裕がでてきたように思います。

 

次、無事に2回目の心拍確認ができますように☆

…過去に姉がこの段階で流産したので(不妊とは無縁の自然妊娠で)、

まだ気を抜けないのですが・・・

 

今、まだ手放しで喜んではいけない状況なのは承知ですが、

限られた範囲には、妊娠を報告しています。

主人と(当たり前ですが)と治療仲間には判定日当日に。

それ以外は・・・

 

まずは職場の先輩。判定日当日に伝えました。

お盆から9月の連休あたりまで、夏休体制の私の職場。

シフトによれば、私のチーム(普段は6名体制)が、私とパートさんしか出勤しない日がある。

そんな勤務者が少ない日に突発的に休む可能性があること、

そして、9月まで数回、イベントがありますが、

できるだけ外で立ちっぱなしになる業務から外してもらうことをお願いしました。

過去の経緯を御存じなのと、

さすがに判定日当日だったので、継続できるか自信がない私の口調を察して、

「おめでとう。できる限りの配慮はするから、無理しないでね。

申しすこし日が経ったら、詳しく教えて」とだけ伝えてくださいました。

 

次に、両親(同居の姉夫婦にも)。5W3Dで報告しました。

昨年の流産の時、母に「分かった時点で知らせてほしかった。手伝えることをしたかった」

と言われたので。

35歳以上なので胎嚢確認後の流産は25%もある」

(実際はクリニックのIVFにおける胎確認後の流産率です。

IVFをしていることを伝えてないので、年齢に置き換えて話しました)

と踏まえたうえで、

「これからの事はわからないけど、今、赤ちゃんがお腹の中で育とうとしてるよ。」

と伝えました。

両親にとっては3番目の孫です。下の甥っ子から5年ぶりになるので、手放しで喜んでくれました。

 

そして助産師の幼馴染に。

心拍が確認できたので、連絡を取りました。

総合病院勤務なので、病棟勤務かな、と思っていましたが、助産師外来も担当しているとのこと。

私が不妊治療を受けていることを知っているので、とても喜んでくれました。

ぜひ、出産まで診させてほしいと。とても心強い言葉をもらいました。

 

今のところは、それくらいです。

あ、妊娠すると継続が制限されるもの(ジム・エステ)には、伝えました。

 

義両親と友人には、早くて4カ月に入る10月、かな。もっと後でもいいような・・・

主人は義両親、とくに祖母に早く伝えたくて仕方がないようで、

お彼岸のころはだめか??と聞かれていますが・・・

義母はとても、はしゃく人なので(笑) 私が元気な時でないと受け入れられません。

経過次第ですね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応〜心拍確認へ
にほんブログ村
16:40 - comments(6)
BT23 心拍確認
 

本日BT23 =6w0d

 

先週の胎嚢の大きさから、
今日は卵黄嚢と胎芽が確認できればOKと考えていました。

 

この2つが見れますよーに!と祈るように朝イチで病院へ。

 

私が通うクリニックは、内診室が2つ横並びになっていて、

その手前に内診の着替え部屋が4つ並んでいるという造り。

構造上、他の患者さんにやり取りが筒抜けになるので、

心拍確認はあっさり、説明が短いとのうわさでしたが、

今日は朝イチで、私以外に内診室(着替え部屋にも)にはだれもいなかったからか、

比較的?丁寧に説明がありました。

 

「これが赤ちゃんです。」

 

うんうん、わかっってるよ、よかった、よかった、
と心の中でうなずく私。

 


すると思いがけなく、

 

「小さくて見づらいけど、チカチカしてるの、わかりますか?」と先生。

 

なんと!思いがけなく、心拍も確認できました!!

チカチカしているのは、なんとな〜くしかわからなかったけど・・・

診察室で、カルテを見ると、心拍に+の文字があったのを確認して、
心から安心しました。

 

診察は、来週、7W0Dで問題なしなら、あと1回で終了。
紹介状はこの日に。

その後、注射も含めて8Wまで投薬が続いたあと、完全に卒業となります。

 

最初先生は、7W0Dで卒業と言った後、やっぱりちょっと早いか、
2週間後にしよう、
と変更されかけたのですが、

産院の予約と仕事の休暇の調整をしたいので、
紹介状は早めに欲しいと伝えたところ、

当初の発言通りにしてくださいました。

 

今日は胎嚢の大きさは測らず、胎芽のみの測定。
3ミリでした。

小さい・・・のかもしれないけど、
大きさで悩むのはもうやめます。

順調といって、卒業まで話して下さったことを信じたいと思います。

 

プロゲ注射はあと1週間は、まだ毎日続きます…。
あと少し!がんばります。

にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応〜心拍確認へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村
12:23 IVF@KC comments(4)
BT16 胎嚢確認
本日BT16 胎嚢確認日でした。


無事に1個の胎嚢が見れました。


大きさは5mm。 小さいよな。。。

いっきに昨年の悪夢が頭をよぎります。そして、検索魔になって疲れて昼寝しすぎて、今寝れない。悩むのを辞めたい。


今の時期、大きさは関係なく、胎嚢が確認できた事が大事


先生にそう言われたので、あまり考えないようにします。

1週間後に胎芽が見れますように。




にほんブログ村



にほんブログ村
01:49 IVF@KC comments(4)
ク○○○ルーにハラハラ

本日BT12


判定日からまる2日が経過しました。
不安な気持ちも少しあるのですが、


「今回は大丈夫な気がする」


とあまり悪い方向に物事を考えない自分がいます。


産院のHPをみいたり、戌の日がいつになるか調べたり、まだ早過ぎるやろという気持ちがありながらも、見ては妄想にふけってる。


リラックスしているのか、ひらきなおっているのか、は自分でもよくわかりませんが。


体の変化はほとんどなく、強いてゆえばずっと体が熱い。眠い。
でも、今の気候なら、だれでもそうでしょう…。


そんなはっきりと兆候のない今、確たる証がほしいのは主人も一緒で。


検査薬がみたい


という。


それなら、と家に残っていたク○○○ルーを使って検査をしてみました。



と、ここでトラブル発生。



判定窓はうっすらと、後に線と認識できる程度、終了線は上2ミリ位しかでない!!


もしや化学流産!?


茶オリも出血もないのに!?

てか血液検査の結果、ホントに私!?


とかなりアタフタして、一気に不安な気持ちになりました。


ネットでは、検査の感度は良いが、不良品も多いという噂のこの品。


そういえば、今までにもこんな結果で終わったことがあったと思う。

(その時は判定窓も終了前もどちらも何もでなかったけど)


今回は病院の血液検査があるので、不良品であることは間違いないと確信し、いちいちクレーム付けるのもうっとおしいけど、販売会社のお客様センターに問い合わせをした。


すると、非常に残念なメールが返ってきた。


詳細を書くと思いだすので、これ以上書くのはやめますが、一つだけ。


もう二度とこの商品は使わない。


もしこれが判定日の朝にした結果と思うと、ホントに腹たつと思う。


めーっちゃいらいらしただろうし、不安になったやろう。


フライングをしなかったのが、不幸中の幸いでした。


気を取り直して、別の会社の物を買って検査をしなおしました。


尿をかけて10秒位で結果が!


血液検査通りの反応に、すごく安心しました。


120810_2130581.jpg
 

カテゴリー移動しました☆


にほんブログ村
 


にほんブログ村
21:42 IVF@KC comments(0)
BT9判定日
今日は判定日でした。

無事、陽性判定をいただきました。


hcg 193.5

E2 362.3

P4 41.2

BT9として、申し分ない数値にひとまず安心しています。


双子、子宮外…心配は尽きませんが、頑張った卵ちゃん、大切な育てたいと思いますが。



にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村



10:20 IVF@KC comments(4)
〜すべき を捨てて楽になる
本日BT7


今回も中間検査はなく、日々、注射通いのみ。


毎日の注射に最初はハードルが高く感じたものの、なんとかなってます。


なんとかなるのは、今が閑散期だから、ですが。
つくづく、移植が今のタイミングで良かったと、感じます。


今回、自分に優しく(甘く)過ごしていて、「〜すべき」をできる限り排除しています。


晩御飯を外食に依存しない

夜は10:30に布団に入る

薬を忘れずにのむ


禁酒


この4つを厳守して、あとは神経質にならないよう、テキトーをモットーにすごしています。


とはいっても、気は張っているみたいで、琴線が短くなっていて。


学生時代の後輩が、暑中見舞いメールを一斉送信してきたのですが、臨月の写真付きで。


これにはイラっとしました。


いつもなら、イラっとする自分を征して、ちゃんとすぐに返事を書くのだけど、


一斉送信やし、私の返事だけを待ってる訳じゃない。判定日まで、スルーしよ。


と、性格悪くしている自分を許してます。


正しくあるべき


これをしないと、ホントに楽で、癖になりそう。


判定日は明後日。


自覚症状はなんもなし。


いつものように、このままフライング無しで病院にいくつもりです。

13:58 IVF@KC comments(2)
5回目の移植完了
本日D26。


無事に胚盤胞移植完了しました。


AHのおかげで、


4BB→5BB


殻を破ったがんばる姿が愛おしく感じる。


無事に解凍できるのか、すごく心配だったので、写真をみて感動していただけなのに、胚の説明をしてくださった培養士さんから、


「緊張なさってますか?大丈夫?」と声をかけられました。


そんなに酷い面持ちだったのかしら。


緊張はしてないけれど、安心感からか、移植の安静のたった20分間、ベッドで深い眠りに落ちてしまいました。


移植前の採血の結果は、

E2→200↑
P4→8

P4が上がりにくい私、いつもこんなもの。

隔日の注射は継続かぁ…と思っていたら、今日から、プロゲストンの量を75単位→50単位かえて、毎日、注射することになりました。


毎日!? たまらんわと、ささやかに抵抗してみました。


「過去2回のHRT周期凍結胚移植では、隔日注射でした。

今回の採血結果は、これまでの結果と大差ない。隔日の注射で、今回よりも採血結果は悪い周期でも妊娠できました。

量を減らして毎日注射するしか、私には選択肢がないのでしょうか。」


ときいたところ、


「以前に、125単位を隔日に注射していたが、それでは量が多い。また、毎日、低量をうつほうが薬の効きが良いと思われるので、可能なら毎日、注射をしてほしい。」


むむむ。女医T先生、頑固だな。


125単位が多いなら、100単位隔日にしたらいーやん、と思いましたが、看護師さんになんども確認いただくのは気の毒なのと、新しい先生のご意見を尊重しないと、と思ったので、毎日注射をすることにしました。


最後の我が儘、仕事帰りに毎日注射で、疲労が溜まるから、週末くらいは家でゆっくりすごしたいから、日曜日は注射を休みたい!を聞いてもらえたのも、落し所で。


というわけで、今日から注射祭。


誘発に匹敵する通院回数に、なんの前準備がない家事(特に食事)が非常に心配ですが、なんとかなりますように。





にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村

続きを読む >>
20:18 IVF@KC comments(4)
D20 設定排卵日と薬のみわすれ
本日D22、昨日からプロゲ筋注射開始です。


これ、ホントに痛い。しかも隔日やし。


過去の経過から、私にはマストになっているけど、本来はP4が不足する場合に補充するはず。P4を測定してから打つのを決めてほしいなぁ、と心から願う。可能なら、打ちたくない。


今回の移植は5回目なので、良い意味で肩の力が抜けているけど、抜けすぎ!と焦った事があった。


設定排卵日から、ルトラール2錠×3回と膣錠のクリノンを開始していますが…初日にして、朝、昼飲み忘れました。


気づいたのは寝る前、23時。飲み忘れても、気づいたその時に飲んで、あとは時間をずらして飲めばよいだけだけど、時間的に無理×××それはもう焦りました。


いっそのこと、明日から薬始めた方が良い…?


とも考えましたが、一先ず、夜の分はちゃんと飲んで、クリノンもいれて寝ました。


そして翌日、クリニックで看護師さんに確認。


「丸1日分飲まなかったなら、移植日に影響しますが、夜はちゃんと飲んだなら問題ない。もちろん、薬は指示通りが原則ですが。クリニックによれば、夜から薬をはじめる所もあるみたいですよ。」


…移植日変わるかも!?とヒヤヒヤしましたが、一安心。


焦ってネットを調べまくりましたが、のみわすれたが、遅れて飲んだ記事にはヒットしましたが、完全なのみわすれには、ヒットしなかったので、記事にしときました。
08:42 IVF@KC comments(0)
D18 移植日決定
D13の診察から5日後の、移植日決定の検査。

結果

内膜→8.7
E2→256


クリニックの基準値は、E2→200以上なので、無事、移植できることに。


胚盤胞1個をSEET法で戻すことになりました。


私的には、同じやり方が続くことに多少ひっかかりましたが、

S先生は、

「双子を望むならまだしも、良好な胚盤胞があるから、まよいなく胚盤胞にすべき。」


と言われ、

今日、診察していただいたT先生にも、

「確率は、胚盤胞なら30%以上、初期胚は20%未満。2個戻して、単純に倍になるものではない。」


といわれ、今回も同じ方法にしました。

内膜がまだ薄い印象ですが、移植まで1週間、ハリと食事(豆乳)であがいて、ちょっとは厚くなりますように。



にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村

15:26 IVF@KC comments(2)
凍結胚移植 延期の不安
2012.07.18 Wednesday
本日D13。ホルモン補充周期の内膜チェックです。

内膜 6ミリ
E2 149

いずれも下限ギリギリの数値らしく、エストラーナを1枚追加の計4枚にして、再度、d18に診察となりました。

内膜が育たないことがある、知識として知っているものの、今までは十分に育ってくれていたから、心配してなかった。少し凹みます・・・


振り返れば、採卵と凍結胚移植が連続するのは初めて。採卵翌周期は排卵ができることは無かった。それだけ私は身体が回復しづらいのだろう。
移植はホルモン補充したらokと考えていた私が甘かった。

気を引き締めて!と思うけど、鍼、ジム、仕事、全部こなすために予定をタイトに組んでいたけど、それが狂って、頭が混乱中。


ガチガチに予定くんでもしょうがないから、移植延期も視野にゆったり考え直そう。



にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村

23:54 IVF@KC comments(0)
<< 2/52PAGES >>