ワーキング主婦のベビ待ちブログ♪
<< ついに、主治医がいなくなる main まさかの採卵日変更 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
治療方法を質問攻め
 D8の中間診察にいってきました。


中間検査は、卵胞CKと、医師と簡単な面談のみ。
通常はそれだけのところ、

「先生のお考えがききたい!」

とわがままゆって、S先生に疑問を全部聞いてきました。


機FSHが2桁になった。今回の採卵が仮にダメな結果になっても、
9月に再挑戦したらいいと考えていたけど、卵巣に負担かけない方がよいのか。

⇒今回の値はピル服用後なので妥当な範囲。
卵巣刺激を諦めないといけない数値ではない。
それを証拠に、今回の薬にきちんと反応できている。
前回の採卵から1年経ったけど、
卵巣機能が落ちているとは思わない。
だから続けて刺激周期の治療をしても問題ない。


供/形と凍結、どちらがよいか

一般に治療成績が良いのは凍結。
凍結の方が治療成績がよいことに、
いわゆる「着床の窓」が新鮮胚移植の場合に早まるのでは、
と言われているが確証はない。
貴女の過去4回の治療では、
凍結、新鮮、いずれの時にも微量ながらhcg反応があったので、
どちらが良いということはないと思う。
新鮮胚のデメリットの一つは、妊娠するのがひと月遅れること。
それが譲れるなら、凍結胚移植がいいかもしれない。


掘―藉胚と胚盤胞、どちらにするか

胚盤胞が良いが、初期胚盤胞でもいいから、
5日目胚盤胞を移植するのがベスト。
前回、得られたのが6日目胚だったので、悩ましいところ。
胚の個数と成長具合で判断しては。


凍結vs新鮮胚、初期胚vs胚盤胞の質問に関しては
「どれも本当に難しい質問なのです」
と仰いながらも、ちゃんと答えてくださった。
こんなやり取りがもうできなくなるのは、本当に残念に思う。


まだ卵が採れてないし、受精卵の数もわからないから、
決められない事が多いけど、自分の希望がまとまってきた。

現在の希望をまとめると、

移植⇒凍結胚移植

培養
―藉胚が3個以下⇒凍結
⊇藉胚が4個以上⇒半分は凍結、残りは胚盤胞まで培養


過去3回の培養3日目の成績がわかりませんが、
過去の成績並の成長具合なら、
,両豺腓蓮∈陵颪らやり直す予定です。


採れる卵が少ない・受精率が低い・5日目胚盤胞が得られない

これらは全部過去に経験した。
だから今回もし、残念にもこういう結果になっても、
昔ほど悲観的になることはないと思う。
でも、できれば奈落に落ちるような思いはしたくない。
 
さて、どうなることやら。
 
本日D11。明日の診察で採卵日が決まる予定。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村
10:05 IVF@KC comments(0)
スポンサーサイト
10:05 - -
comment

message :