ワーキング主婦のベビ待ちブログ♪
<< 治療のことを勝手に告白される 淵屮薀奪ー) main 前回のICSI医療費と助成金のこと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
治療のことを勝手に告白される◆淵屮薀奪ー)

私が休職に際し、後任スタッフに治療のことを話さなかった理由は、

2つあります。

 

1:治療のことをはなせるだけの信頼関係がある間でない。

 

不妊治療のことはとてもセンシティブな問題なので、

私は、信頼関係がある人にしか、話さないようにしています。

 

後任スタッフは、今までは顔見知り程度なので、

信頼関係を築けているというまでの間柄ではありませんでした。

 

また、後任の方は、一言でいうと、スピーカー。

仲の良い先輩から、

「彼女には治療のことは話さないほうが良い」

と助言があり、信頼がおけなかったのも理由です。

 

 

2:婦人科疾患の既往がある

 

これは本人から聞いたことなので、確実なことですが、

彼女は卵巣嚢腫により、両方の卵巣を摘出したとのこと。

 

関係があるのかは不明ですが、離婚経験もあります。

 

話がそれますが、

私は、女性を3つにカテゴライズして考えています。

 

1 子供を産める人・産んだ人

2 子供を産みたい人:不妊治療中の人もここに入る

3 上記以外:未婚の人(特に将来的に見込みがない人)
  
病気が理由で望めない人

 

私は、基本的に、3の人には

不妊治療のことは話さないようにしています。

 

それは、3の人が、

子供を望ないのか望ないのか、わからないから。

 

子供を望まない場合はともかく、

子供を望めない人にしてみれば、

不妊治療ができること自体が、非常に贅沢なことでしょう。

そんな状況の方に、

不妊治療のことを話すことがデリカシーなく思える。

 

私の後任の方を、先の3つに当てはめたならば、

まちがいなく3で、しかも、「子供が望めない人」なのです。

 

子供が望めない人全てが、不妊治療に理解がない、

といいたいわけではありません。

理解とかそういう問題以前に、話すべきではない、

と私は思うのです。

(飽くまで私の考えですので、この考えに対する批判はご容赦ください)

 

 

私の治療のことを勝手に話した先輩は、

3人のお子さんに恵まれて、

ご主人の理解もあり、仕事も続けてこられた人。

 

ここからは私の僻み100%ですが・・・

 

先輩に、私や子供を望めない女性の気持ちなど、

わかるはずもないでしょう。

 

ビジネスライクにプライベートを暴露する

たとえそれが正しいことであっても、

私には行過ぎたこととしか、考えられません。。

 

 

・・・と先輩に言えればすっきりするだろうにな。

 

不妊治療を話す対象を考慮している

ということだけでも、

いつかお話できれば、と思っています。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
 

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村
00:19 お仕事 comments(0)
スポンサーサイト
00:19 - -
comment

message :