ワーキング主婦のベビ待ちブログ♪
<< 不正出血に空回りしまくり main D12の卵胞チェック >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
上司への治療カミングアウトから1年たって(ブラッキー)
 

土曜日、上司と面談がありました。

 

この面談は、スタッフの全員が受けるもので、

仕事のボリューム、今後の希望などを打ち合わせるもの。

 

聞かれることはだいたいわかっているので、

自分の中でシュミレーションしておりましたが、

 

開口一番、上司が言ったこと。

 

「あなたの場合・・・まずは、お子さんのことですね」

 

びっくりしました。

 

一般的に、こういうことを聞くのは、

セクハラにあたるはず。

 

私の場合は、自分から口にしているのでこれにあたらないのか、

上司も遠慮なく口にしたのだろう。


 

配慮をしてもらう立場でわがままだとは思いますが、

自分から話すのは、必要性があると思うので
話しているだけで、本音は話したくない。、

ましてや、話を聞かれるのには、違和感がある。

 

良かれと思って話した治療のことですが、

 

一度話したらこれから逐次報告する義務が発生する。

 

浅はかながら、そこまで考えていませんでした・・・

 

私としては、不妊治療を理由にした休職を職場が認めないならば、

細かなことをいちいち話したくない。

(直接迷惑をかけることになる同僚には、
話す必要があるとおもうけど・・・。)


春にIVFを受けることになっても「簡単な手術」

と言って、休暇を取らなくて済むようにしようと思っています。

OHSSになっても、休まなくて良いように、

GW前の採卵か夏休み中の採卵を目指すことを考えています。

だから、おそらく職場に迷惑をかけないはず。

 

上司には、


「治療はまだ続けていますし、今後も続けます。

今、急激に体調をくずして仕事に穴を開けるようなキツイ治療は、

受けていないのでご安心ください。

 

ただ、治療は段階的に内容が変化するので、

私も先々のことまでわかりません。

ですが、去年のように休職を希望することは考えていません。

 

それよりも、この前のように懐妊後、すぐに安静

というような状況になっても困らない職務体勢を再検討してください。

私以外にシステムに明るい人がいない現状は、非常に問題だと思いますが。」

 

と切り返しました。

 

私の切り返した内容に、答えになってない返答を繰り返す上司。

きっと私が懐妊しても、具体策が講じられないまま

右往左往するんだろうな。

 

いろんな意味で、展望のない、ただただ気持ちの重かった面談でした。


同僚にグチをこぼしたくても、

「迷惑かける身なのにわがままな!」と

相手を不快にさせそうなので、誰にも言えません。

 

こちらで吐かせていただきました。

読んでくださった方、ありがとうございます。



にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

にほんブログ村
17:33 お仕事 comments(0)
スポンサーサイト
17:33 - -
comment

message :