ワーキング主婦のベビ待ちブログ♪
タイミング、外しちゃいましたが・・・
周期24日目 体温 36.87℃

先々週の平日こと。

今までに経験が無かったのですが,私の身体のコンディションにより,タイミングに失敗してしまいました。

主人への愛情が失せたわけでも,子作りをあきらめたつもりでもなんでもないのですが・・・。イタしたものの,その気にならず不快ばかりで途中でやめてもらいました。
こんなの、初めて。先生に指示された日はどんな手をつかって?も、守れてきたのに・・・

ハート大小は精神でするものなんだ、と改めて気がつきました。

男性として主人はとてもショック下向きだったとおもいます。
私ももちろんショックです。失恋

週末,とても落ち込んですごしましたが,この前の日曜の晩,主人が
「明日,仕事終わったら外泊しよう」と。

仕事のあと,バタバタ食事してお風呂にはいって家事をこなしてから
タイミングを合わせることは,実はとても負担。
義務的になって嫌になるのも仕方ない。
けど休日が違う私たち夫婦には仕方の無いこと。
それならば少しでも私の負担が少ないように・・・と。

とてもうれしい提案ぴかぴかでした。

仕事は定時であがって,家に18:00に帰宅。
主人は翌日の仕事の用意を,私は翌日の弁当の用意を済ませて,いざ出発。
晩御飯は外食にしてもらって,もちろん朝帰り。
恋人気分なデートコースを再現してもらいました。

周期15日目にすでに20mmあったので、排卵後になってしまったけど,
その夜はもちろん,グッドぴかぴかです。
なにより、子作り以上に主人の愛を感じたことが、私には大きかったです。

さらにうれしいおまけが。
タイミングを外した,と思っていたけど,火曜日に強烈な排卵痛が。
体温が上がったのも水曜からだし,排卵は火曜日頃の可能性も残っています。

しかし、排卵したところで、詰まっている右卵巣なんですけどね。ザンネン。 右斜め下
数%と言われる逆側の卵管がキャッチする、というミラクルは起きるのでしょうか??

あまり期待せず、残りの高温期すごしたいです。
15:05 OLC(不妊専門・過去通院) comments(2)
リセット直前?
周期28日目 体温36.70度


先週から体温がずっと36.90℃あたりでしたが,今朝は36.50℃。2度寝してしまったから,再度測って36.70℃。
リセットが近いのか,私の扁桃腺炎がましになってきたからなのでしょうか?困惑


リセットといえば,今回のリセット予定は私の誕生日頃なんです。
3×歳を母になる喜びではじめられたら,どんなに幸せだろう,と淡く期待しつつも,いろいろありすぎた今周期,きっとダメなんだろうな〜ノーノーとすでにあきらめてます。


実は,今周期が撃沈ならば,卵管造影検査を受けることになっています。

初めての検査。かなり痛いと聞くので今からびびりまくりなんですけど…。

さらにうっとおしい事実が判明しました。


以前,病院の相談窓口で検査のことを聞いたときは,私の主治医のM先生は検査ができないが,I医師やY医師ならば検査ができるのでご相談下さい,とのことでした。

なので,病院内で検査ができると安心していたのに(これが普通のはずですよね),前回,主治医のM先生に検査のことを話したら,「うちではできないから提携の施設に行ってもらう。詳しい事はそのときに」と。

どういうこと?
検査するならば,周期を無駄にしないためにも,リセットしたらすぐに予約したいのに,診察して相談の上で検査日を決めるなんて,さらにまどろっこしい。


しかも,主治医のM先生の場合は,提携先の病院で,その病院の先生が検査,クリニック内の2名の医師いずれかに検査を依頼したいならば,その先生が施設に出張して(開放病床制度?)検査をする。先生によって施設が異なる,と。
検査前の打ち合わせの予約は,クリニック内の先生にお願いするならば,主治医のM先生ではなく,該当の先生の診察日にご予約ください,といわれました。

なんてややこしい・・・。

まずは主治医の意見を聞いてから,どうするか考えたいけど,主治医のM先生は,一番人気で,直前の予約なんて取れっこない。2・3時間待ちを覚悟で予約無しでいくしかないなぁ。年度末に余計な休暇を消耗するのか…。


検査担当のI先生は常駐の先生だから,その先生でOKなんだけど,I先生の検査の出張先が,前に通ったOLCが検査を委託クリニックと同じよう。OLCが入っているクリニックビルと同じビル(しかも下の階)!
ばったりOLCの院長にあうかもしれないし,最悪,OLCの院長が検査で出向いているかもしれない…。


もう一人のY先生は,不妊の専門。この先生でもOKなんだけど,毎週木曜日だけ来る先生で,いつもは神戸にある姉妹クリニックにいるんだよな〜。

あぁぁぁ,なんだかややこしすぎて頭が整理できません。撃沈


検査一つでこんなにややこしいのは,やはり専門で無いからかな〜と。婦人科の限界を感じてしまいます。


グチグチゆうのはやはりPMSだからかな。やはりリセットが近いのだろう。右斜め下
明日仕事にいったら、次の日は誕生日でお休み!
イチゴ狩りで気持ちをリセットするのだ。自動車
19:30 OLC(不妊専門・過去通院) comments(2)
私のタイミングスタイル
周期19日目 36.30(低温期?)


周期14日目で20ミリあった卵胞は、まだ私の卵巣にとどまっているのでしょうか?

それともちゃんと破裂して、だんな様の●〜と出会えたのでしょうか?

ピークは過ぎましたが、いまだに右足の付け根に排卵痛を感じています・・・。

低温期まっさかりの体温ですが、この数日で一気に寒くなったから、体温がいつもよりかなり低い・・・だからグラフを見ると、高温期に突入しているようにも感じるけど、どうなんだろう。



黒が今周期。
残りは6月から9月のもの。(優秀な黄と紫は、hcg併用時のものです)


 ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき  ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき

実は今気がついたのですが、私、タイミング指導のことをネタにするのが今回はじめてみたいです。

初めて、と言っても、タイミング指導自体は受けたことがあるのですが・・・。

みなさんのタイミング指導時のはどういう感じなんでしょうか?
うちはこんな感じです。

周期9日目あたりハート大小 だんな様のタンクをリフレッシュするために

周期14日〜15日目あたり(=卵胞チェック日)ハート大小 先発隊

周期17日目〜18日目あたりハート大小 本隊

周期20日目〜21日目あたりハート大小 後方支援隊


以降禁酒STOP!・禁欲NO!

てな感じ。去年の春から夏ごろまで半年がんばっておりました。

今回はいきなりの解禁だったので、リフレッシュ組が微妙なのですが・・・
お友達のIUIの記事を見ていて、自分のやり方が「数打って粗悪な●〜を送り込む結果にならなるのでは?」と心配しているます。明日からドュファストン開始なので、後発隊はやめておく予定です。

 ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき  ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき ゆき


職場ではとってもインフルエンザが流行っていて、予防接種済みの私なんですが、
「大切な排卵期に体調を崩してなるものか!」と、電車でも職場でもマスクで過ごしています。

おかげで風邪もひかず、元気です!(更に口紅が減らないというオマケもついてきています。)

このままの体調&テンションで残りの2週間が過ごせますように・・・。
22:27 OLC(不妊専門・過去通院) comments(2)
今は考えがまとまらず・・・
受け入れる・・・といったものの・・・くもり

今日、検査結果を聞きに行きました。

まずはだんな様。

「一目瞭然ですが、WHOが定める正常な精子の基準に対し、一部は基準値、ほとんどが基準値の倍以上です。細かい検査は他にもありますが、この結果では、まず問題ないでしょう!」

と。偏食怪獣パクッの癖に・・・異常なしだとぅ?まぁ、健康だけが取り柄の人ですから。それにファンケルの「タフネスサポート」飲んでたしね。何はともあれ良かった。


で、私は?

「血中ホルモンの検査で、男性ホルモンが基準の4倍あります。」

なんてこと!やっぱ男性化がすすんでる!?さらに、

「糖負荷検査の血糖値の値は正常で、糖尿病ではありませんが、血中のインスリンの量が高い。これが男性ホルモンが多い原因です」

やっぱり・・・これはいろんな情報から、そうでないかと・・・で、これから治療どうするの?

「減量を中心に内科的な治療を優先的に受けていただいたほうが。」
うん、それは必要やね。で?

「かかりつけの内科医で栄養指導を受けては???」

え???

栄養指導・・・そんなの今さら教わらんくてもいいような・・・
ラビットクックとか、食材宅配サービスの低カロリー食や糖尿病食とか
利用すればいいんやないの?(と後で気付く)
そのためだけに病院にいくなら、なんかもったいないなぁ。

わからないのが、内科的な治療を優先に、といいながらも
「卵管造影をしておいたほうがいいと思いますが・・・どうなさいます?今は妊娠の可能性も残ってますのでむりですが、もし生理が来たらいつでもできますよ」

卵管造影・・・それは避けられない道なのはわかってるけど、卵管造影後はゴールデン期間と聞くのに、内科治療に専念する期間にゴールデン期間を迎えても・・・と素人考えですが・・・「その検査は痛いと聞きます。またその検査後は妊娠しやすくなるとも。時期を選びたいので、内科的な治療の様子をみてから考えてたいです」
ときっぱりはっきり断りました。


で、結局、提携の糖尿内分泌外来を紹介してもらうことに。(ちなみに紹介日を決めるまで1時間も待ちましたしょんぼり

「基礎体温を見る限り、今周期、妊娠の可能性もなくはないです。来週末で生理が来なければ、受診してください」

と言われ、診察終了。

診察時はいろいろいわれて頭の整理ができなかったけど、(だって予約してたのに45分待ちで診察に呼ばれて疲れたんだ!)よくよく考えると、今までの自分の身体を思うと、きっと生理は薬を飲まない限り来ない。
そんなときはどうしたら???

心配なので受付に確認。

「あの〜今後こちらの病院での指導はひとまず打ち切りということなんですか?
生理が来なければ受診するように言われましたが、生理が来た場合のことは何も・・・」

確認してきます!といったまま、待たされること20分。ぶー
「まずは内科の治療に専念してください」
           ・・・いや、それはわかってます。[:ふぅ〜ん:]

「といってっも、食事治療の効果に時間がかかるはずですが、生理がこなくてもそのまま放置してもいいということなんですか?」

再度、「確認してきます!」
    「生理が来ないのが気になるならば、ご来院ください。薬の処方します」

ニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロニョロ

うーーん。なんだかなぁ。ギザギザ
内科的な疾患が治るとPCOSが治るきっかけになるのはわかっても、
その間、生理が不順なのはいやだなぁ。
婦人科だから内科的な事はその専門に通うとしても、生理不順のフォローは継続的にしてもらえると思ってた・・・

今はなんだか考えがまとまりません。
来週金曜日、紹介してもらった病院の予約が入っていますが、なんだか納得がいかず。
昔のなじみの(減量指導をしてもらった)先生のとこでも、いいんじゃないかなぁ
・・・ってこれは逃げなんでしょうか。

今からお風呂温泉に入ってのんびり考えます。

今回の診察代:財布1120円(北野病院への紹介状込み)
23:16 OLC(不妊専門・過去通院) comments(7)
糖負荷検査
昨日は糖負荷検査にいってきました。

9時の予約なので10分前にIN。

早く終わって仕事にいくのだ!学校
と意気込んでたのに、名前を呼ばれたのは9:30頃・・・
そういえば金曜の予約のときに、9:15か9:30でってゆってたなぁ。
けど、看護師は9:00ってゆったし、結局予約も9:00やったやん!


軽くイラつきながら、採血室へ。

9:35 採血ラブ4本分

コップに入ったブドウ糖75g水を飲む
↑甘い!ただただ甘い!普段、甘い飲み物が苦手な私。
味は悪くないけど、(スプライト0みたいな)、
これが検査液だと思うと、なんだかまずい気がするので、
一気飲みして看護師さん驚かす。

1時間待機→ダイコクにお買い物カバン(時間つぶし)にいく♪

10;35 採血ラブ2本分
さらに1時間待機→暑いのでロビーで読書本

11:35 採血ラブ2本分

終了♪ 11:40

毎度のことならが、看護師泣かせの沈んだ血管で、
採血にはかなり手間取る&ぶすぶす失敗される・・・
採血に関しては、いつも健康診断を受けてるセンターがぴか一。
まぁ、一日何十人も血を抜いてるのだからうまくて当然か。

ちょうど排卵日ということもあって、昼から軽く頭痛爆弾が・・・
血も抜かれて更に貧血気味で、結局、仕事は休みにしてもらいました。
(わが職場は12:00までに入らないと欠勤扱いになる。
9:00調度に検査してくれていたら、間に合ったのになぁショック

検査結果は、前回の主人の○〜とあわせ、10月3日に聞きに行きます。
ちょうど入籍記念日ぴかぴかの2日後。夜はダイエットをお休みして食事ディナーに行こう♪
ダンナの残念○〜会にならないように願うばかり・・・。

今日の検査:
糖負荷検査・血液検査(ホルモン・甲状腺) 計 6,640円財布



21:00 OLC(不妊専門・過去通院) comments(3)
病院デビュー☆
不妊治療として自分にあっ病院を、夏前からずっと探してました。

先月まで通っていた病院は、先生がとても良い人でその点はよかったんですけど、不妊治療については高レベルのことを望めなさそうなので・・・

情報源は主にインターネットPC
そのネットつながりで紹介してもらたのが、扇町にある病院。

実は前の病院を探しているときにも名前をみつけてたのですが、
「プチゴージャス!ぴかぴか」=「金お金の臭い」
と思って、倦厭しちゃったんです
今思えば少し後悔・・・。

けど、設備にみあって治療費が高いというわけではなさそうなので、ここに決めました。

今回で病院ジプシーは最後にしたい。

そのためには、自分の身体を一番良く知る自分がしっかり説明しなければ!とおもって、
今までの治療暦を自分なりにまとめたもの(生理不順と体重明記)
過去7年の検査結果
職場の健康診断結果

をもってたんです。
結構な量でみてもらえるか心配だったけど、助産師さんがそれはもう熱心に話を聴いてくれました。
先生も上品そうな感じで、やはり熱心に話を聴いてくれて、過去の治療暦からの先生の所見を述べられた後、内診へ。

初めて!子宮と卵巣のの大きさと体積を測られました。
そして恐れていた病名を告げられました。

「多のう胞性卵巣症候群(PCOS)」の疑いが強いですとのこと。

あぁ・・・やっぱりねぇ。
そうかもずっと心配してたのに、どこの病院もそうは言ってくれなかったんだ!

「左の卵巣が2.5倍に腫れてる。卵胞がたくさん育ってる。今のんでいるクロミッドの作用にしてはおかしい。顔の産毛とか多毛が気になりませんか?」

「はい、気になります」と冷静に答えつつ・・・
「そうなの〜。
顔、特に口の上は3日おきに処理しないと、ドロボウさんになるのよ〜悲しい
と心の中では叫んでました。

PCOSは糖代謝との関連が深い(?よく覚えてないけど)とやらで、

「糖負荷検査を早急に!甲状腺も調べますね。」と言われました。

どうか糖尿病との診断がつきませんように・・・この若さで・・・それはいや。
世の中にはまだ食べたいものケーキがたくさんあるのだから。 笑

というわけで、レンチャンですが、18日にも病院に行くことになりました。

今日の診察
助産師による聞き取り 内診・癌検査 精液検査(夫・自費) 計 約18,000円也。財布
00:45 OLC(不妊専門・過去通院) comments(4)
1/1PAGES