ワーキング主婦のベビ待ちブログ♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
禁酒バトル ついに切り札を出す
 

・・・前回の続き

 

 

「先日、お義母さんとお祖母さんから、

禁酒のこととを懇々と注意してもらったのに、

いただいた日本酒1升、その日の夜に全部飲んでしまいました。

 

今まで黙っていましたが、

仲の良い私たちが、唯一、けんかするのは、

Kさんの飲酒のことです。

 

減らすように何度も言っていますが、

私の言葉はききいれてもらえないようです。

 

飲酒の度が過ぎるので、

身体に悪影響と、とても心配なのですが。

 

お義母さんに心配をおかけしたくないので、

今まで黙っていましたが、

折を見て、ご両親からKさんに注意していただけないでしょうか?」

 

これに対して、義母は

 

「こんな息子で親として申し訳ない、ごめんね」と返事が。

 

そして早速、主人に電話があったよう。

主人が、

 

「今日、お母さんから電話あったわ。

“お酒のせいで、あんたがrammaruちゃんに見捨てらへんか、

お母さん心配やわ“ってさんざん怒られたわ」

 

とプチ切れ。

それ以来、ビールテイスト飲料を飲むように。

 

でも、たまの解禁日に、バカ飲みするのはかわらずで。

それを注意すると、

「わかったよ。俺が酒のむと、みんな怒るもんな!」

またと逆切れ。

 

義母に経過報告を兼ねて、先のことを報告したら、

 

「飲まないことを人のせいにするようでは、

まだまだ反省がたりませんね」と返事が。

 

まだ2週間ですが、

義母からちょくちょく飲酒チェックが入ってるようです。

 

今のところ、飲酒日を週に2回、

飲酒日の上限は、ロング缶3本までとしています。

 

これが続くといいのだけど。

 

今回切り札を使いましたが、

最後の爆弾

 

「○〜 酵素不足のイヌ食い野郎!」

 

は封じることが出来てよかった。

 

最後の爆弾は使わず済むように、

主人が改心してくれることを願っています。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
 

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村
12:47 夫婦のこと comments(0)
禁酒バトル ついに切り札を出す

ダイエットの食事管理で、

切り離せないのが、飲酒問題。

 

ブログでよく愚痴っている、主人の暴飲酒。

 

なんかの周期のように、

未だに定期的にケンカになります。

 

この前は、夕食にお好み焼きを食べるから、

今夜はお酒を解禁しよう、と申し合わせていたら、

私が買い物に行ったスキに、

食事前から、すでにビール2L(ロング缶4本)。

 

もちろん、食事中にさらに呑もうとして。

1本目は許したけど、(累計25L

更に飲みだがる主人に、当然のごとく、お酒を出さない私。

主人逆切れ。お好み焼きも食べず。

 

という事件が起きた。

 

さらにその2日後、彼岸で実家に行ったときに、

もらった日本酒1升。

その日の夜、外出で私がいないことを良いことに、

一晩で1升瓶を開ける。

(他にチューハイ2本なども飲んでた)

 

頭にきすぎた。

同じ事を何度もゆうのも、さすがに疲れたので、

 

「○〜 酵素不足のイヌ食い野郎!」

 

と言ってやろうかと、すごく思ったけど、

寸でのところで、思いとどまった。

 

自分にもリスクがあることは、やめよう。

でも、すごーく、すごーく、悔しくて。

 

ついにチクッってやった。義母に。

 

マザコンではないけど、

両親や祖母を困らせるようなことは

絶対にしたくない主人。

 

私としては、子供といえども、

結婚している立派な成人が、

これくらいのことで親を煩わせたくない。

 

 

だから、今まで何も言わなかったけど、

もう一人でバカ飲みモンスターを操縦するのは無理。

 

義母にメールしました

 

 

・・・長くなったので続く。



にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
 

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村
12:45 夫婦のこと comments(0)
不正出血と体調不良とケンカ
本日D14です。


前回の採卵翌周期の排卵期は、
D10をすぎたあたりに生理並の出血がありました。


今回は少量の不正出血がみられます。

どうなってるかな〜と期待半分・諦め半分で、
今日は病院に行ってきました。


診察結果は次の記事で。


その前に、気持ちの整理のため、夫婦ケンカネタを書きました。

以下で長文です。
お付き合いいただける方のみお願いします。





















もし今回、無事に排卵できるなら、
タイミングまたはAIHを試みるつもりで、
それに合わせて主人には○〜のコンディションを整えてもらわないといけない。


実は不正出血と合わせて
原因不明の胃痛と膨満感に悩まされてます。
正直、褥はご辞退申し上げたい体調なんですが、
AIHの可能性の為に仕方ないなと頑張るつもりでした。

D11あたりから、
「今日は仲良ししようね」と毎晩申し合わせるものの、
主人は飲酒→10時頃に泥酔→爆睡を繰り返す毎日。


ちなみに、先月の判定日以来、
主人は以前の飲酒ペースにもどってしまいました…


最近の主人は朝05:30起きで仕事にでかけるので、
私としてはベッドに11時に入れなければ、翌朝に響くからしたくない。

寝てしまったら諦めました。私も胃がイタいし。
無理することもないと、1、2回位は多めに見ました。


が、3回連続になるとさすがに頭にくる。


昨日は怒りをぐっと堪えて、
11時に起こして風呂に入れました。
時間が遅いから、私はシャンプーを諦めて長湯せずに。


そしてベッドに入ったのですが、
風呂から上がっても酒臭い主人にキレてしまった。


「酒臭い!こんなんでできへんわ!一人で何とかして!」


と罵倒してしまった。


…私の中では積もり積もったいろんな事の結論なんですが、
いきなりキレて主人も訳わからないやろうし、
正直、八つ当たりの部分もある。


私の中で積もり積もったもの。
それは…


「なんで治療中くらい酒やめられへんねん!」

「この類のケンカを何回したらきがすむねん。あんたはバカか。」

「体外→顕微にかえて授精率が上がった意味をもうちょっと考えて。
考えた結果、顕微があるからいい、って諦めるんなら、
私の身体の負担と経済的な負担も考えて!」

「そもそも毎晩ワイン1本以上あけるって、
どこのお大尽やねん!」

「普段から食事を制限して、今日はは胃痛を堪えて、
お風呂もシャンプー我慢してきりあげて…、
○〜の調整の為のHに付きおうてられんわ!」


これ全部、私のホンネ。


全てをぶつけたいのを、
主人のささやかなプライドを守るため、
EDを招かないため、ぐっと堪えてる。


人の気も知らないでと、悔しくて泣いてしまった。



でも主人は、
「なんか知らんがキレて泣いてる」としかうつらない。
当然、逆ギレされて、けんかになる。


・・・同じような喧嘩、年末にもしたような。
きっとこれからも、治療中は続くのだろう。


先日の顕微授精の結果から、私は、
赤ちゃんが出来ないことを自分のせいにすることから、
脱却することができました。


しかし、同時に、主人にも原因の一端があるなら、
主人にも努力してほしいと強く願うようになったと思います。


今は悔し泣きしても堪えることができますが、
そのうち全てをぶちまけそうで怖い。
いよいよ来てはいけない領域に入ってしまったようで、怖い。


その前に、赤ちゃんがきて欲しいなぁ。 


にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
23:13 夫婦のこと comments(2)
年忘れ?大ゲンカ(ブラッキー)

今年も残りあと3日。

今日は大掃除!ときめてはいたものの、

あまりの寒さに現実逃避して、

ブログを書いている私です。

 

 

前回の記事で「ネガティブな思いは遠ざけて」

と書いときながら、

その翌日に、思いっきりネガティブなツボにはまっていました。

 

以下、夫婦喧嘩の記事です(長文です)

興味のある方だけ、お読みください。

 








 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原因は主人の禁酒のこと。

 

 

我が家では最近、夕食後に2人で犬の散歩に出かけていました。

(夜の消費カロリーを上げるため)

そしてその帰りにスーパーに寄って、

ダンナはお夜食と酒を買うのが日課になっていました。

 

 

禁酒宣言の翌日も、同じパターン。

でも、「今日からは夜食はいいけど酒はダメ!」と伝えました。

すると「明日から!」とか「今日だけ!」と

お酒売り場でごねる主人(子供か!)

でも、私はガンとしてゆずらず、主人は、

「じゃあもう一生犬の散歩せーへんからな!」

と捨てゼリフを行って、

私がお会計をしている間に、

私と犬を置いて、先に家に帰ってしまいました。

私は「どこにいったんだろう??」と寒い外で10分くらい待っていたのに。

 

帰宅すると、部屋の暖房をがんがんにたいて、

すねてる主人。

私「なんで帰ったん?」

夫「だって買い物ないなら散歩せーへんし。」


私「わたし、待ってたのに」

夫「一日1本程度なら飲んでもエーってゆうたやん」

私「その提案を断ったのは、あんたやろ」

夫「・・・」

 

自分が口にした「禁酒」をあっさり覆し、

私を責める。

その姿があまりにふがいなく、怒りは頂点に。

 

 

「そもそもあんた、酒の飲みすぎで最近×D気味やんか!」

「次のIVFを成功させたいのに、酒を控えるくらいできへんのか!」

という怒りはもちろんですが、私の一番の不満は、

 

 

主人の稼ぎは決して悪くはないけど、

賞与がない、退職金もない。

そして肉体労働だから、年老いてからの収入は不安。

なので、今の収入ではなく、

主人の生涯年収を考えたときに、

今のように、不妊治療に貯金を取り崩し続けるのは、

非常にリスキー。

だから、私は働いていたほうが良い。

そのためには、一日でも早く子供を授かって、

私が一番良い形で仕事復帰出来るようにしたいのに。

そして何より、今、休職させてもらえている恩に対し、

今、一番すべきことは、

与えられた時間を有効にすごすことでしょうに!

 

 

職人ゆえに世間のことにかなり疎い主人。

サラリーマンと比較して、

自営業の社会保障の厳しさに理解が疎くて、

(今、手にしているお金だけでしか考えられない)

また、状況判断ができていると思えない行動に、

ほーーーんとに腹がたちました。

 

 

怒りのままに主人に全てをぶつけることもできましたが、

以前にS先生がおっしゃった、

 

「男は単純。真実をつたえるのではなく上手く隠して。

上手に操縦して、気分よく治療に協力してもらうのがいいですよ」

 

という言葉を思い出して、ぐっと堪えた。

 

「ホンマにあんた、情けないな」

 

とだけ行って、プチ家出をしました。

南大阪2時間ドライブ。

関西空港の手前まで行って、かえってきました。

 

 

そろそろ探してるかもとおもって

大事になる前に帰宅すると・・・

 

 

主人、ご就寝。

 

 

怒りは再び頂点へ。

主人をたたき起こし、なきながら訴えました。

 

 

IVFは身体も精神的にも、本当にしんどいから、

次で必ず成功して欲しくて、私、今頑張ってる。

お酒もご飯もお菓子も控えて運動がんばってるのは、

全部そのためやんか。

あんたが出来ることは、

○〜のために酒を控えることぐらいやんか。

なんでそれくらいのことができへんねん。

私に何度も辛い思いをさせたいんか!」

 

と禁酒できなかったことだけを、泣いて責めて、

主人にわかってもらいました。


でも、本当に言いたいことは言わなかったので、

怒りの火はずっとくすぶっていて、

翌朝は家事(朝ごはんとお弁当)をボイコットして、

夜はコンサートにでかけて、

帰りはバーによって気分転換をして、

ようやく気持ちが納まりました。

 

禁酒ではなく、摂酒。

お酒は自分で買わずに、私が買ってきたものを飲む、

1ヶ月で350ML1ケースね。

と再び約束して、今回のことは終わらせました。

 

 

でも、またいつか、同じことに腹を立てて

喧嘩をしそう・・・

とりあえず不妊治療中はこの思いをぶちまけることがないように。

コントロールしなければね。


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村
11:44 夫婦のこと comments(0)
結婚7年目初日のケンカ 続編
2つ前の記事の続編です。
超・長文なので、お時間の許す方のみ、お付き合いくださいね。




 

ケンカ初日の夜に,

「今からでも迷惑がかからないなら断って」と私が言って

「うん」と答えた主人。

 

でも結局,断りきれなかった様子。

 

翌日の仕事帰り,私のご機嫌取り?のために職場まで迎えに来てくれた。

私の機嫌が直ったのを見て

 

「あんな,明日,日帰りで岐阜までいってくる。
けど,夜に帰ってくるから。

朝は330に家をでて,夜は8時くらいに帰ってくるから。

そんで,今後は一切,泊まりの仕事はいれへんからな。

,今から帰ってHしよ」とのたまった。


すごい良いこといった風な笑顔の主人。 

でも、「はぁ?」と私は呆れてしまった。


中途半端にその場を取り繕うような主人の行動に再びキレた私。

もう何もかもが嫌になって,


「そんなにいきたければ出張いけば。

明日の夜も明後日の夜も,家におらんでええわ。

今夜のHだって朝がそんなに早いのにしたないわ。

出張先でご自分なんとかしたら。

もし明日の受診結果で,明日の夜にタイミングやAIHといわれたら,

その時は自分の言動の愚かさをのろっとけば。」

 

といったら,

 

「帰ってくるのになんでそんなこというねん」と逆切れ。

 

そのまま無言で帰宅。

家に着くと,仕事仲間に断りの電話を入れようとしてる主人。

このままだと平行線だとおもって,
主人を捕まえて,そのままリビングでちゃんと話あいました。

 

 

いつもは並んで座るダイニングテーブル。

久しぶりに対面で,顔を見て話せるように座った。

 

D14からD20の間は,◎〜の質の確保のために,

規則正しい生活を送ってほしいから,出張に行ってほしくなかった。

 

無理したら日帰り可能な場所でも,行くのやめてほしい。

病院の時間がせまって,運転をあせって何かあると後悔するから。

なによりそんなギリギリの状態で,心配したりイライラしたくない。

 

常に泊りがけの仕事に行ってほしくないから,

お願いしているわけやない。

そもそも,泊りの仕事に行くことが決まったなら,

凍結◎〜という手段もあって,準備もできたやろ?

行き当たりばったりで仕事の予定を組むから、
招いた結果やろ?
 

「泊まりで仕事に行かなければ私が納得する」

と思うのは,考え違いやで。

 

こういう細かいことをいちいち説明するのが嫌やったし,

聞きたくないやろうから,いわなかったのに,

なぜ言わせるのか,言わなわからんのか。

 

治療に関して私が日程を拘束するのは,全ての理由のあることやから

細かいことを言わなくても,

ちゃんと守ってほしいと前に約束したのに,

なぜ約束を破るのか。

 

私の約束を破って,仕事もドタキャンして,信用ならんわ。

そんな人の子供を授かる気,全くうせたわ。

もう,疲れたわ。治療せんでええやん。」

 

と私が告げると

 

「俺にとっては子供が授かる方が仕事より大事や」

と主人,半泣き。←おかしくないか?

 

「それは私も同じ。

だからこそ,両立できるようにスケジュールしているのに,

守らんかったあんたが悪い。

治療のために仕事をドタキャンすることは恥ずかしいからせんといて。


なんにしても出張にはいきなはれ。


私の排卵ベースからいって,
明日,タイミングが必要になる確率は低いから。


でも重なったら,それは時の運やで,あきらめたらいいやん。

費用が高く上,しんどくても,私がIVF受けたら済む話やし。」

 

と言い放ち,私は黙々と出張の荷造りをしました。

悔しくて情けなくて私も泣いてしまった。

 

そんな様子に主人は心から反省したよう。

「もう二度とこんなことはしない」と約束してくれました。

 

私はまだまだ腹が立っていたけど、
胸のうちを全部伝えたので,すっきり。

 

これ以上追い込むのはただの意地悪だから,

「出張先では,食事のバランスに気をつけて,

酒は飲みすぎず,サプリもきちんと飲むんやで。」と伝えて

機嫌を直して,お弁当もつくってちゃんとお見送りもしてあげました。


 

治療をうけていて,ケンカになるのが一番辛い。

ケンカになる理由は相手にあっても,

治療を受ける理由は自分の身体の不備にあるから,

そこが大本だと思うと,自分を責めてしまう。

 


できるだけケンカにならないようにしてるけど,

久しぶりに派手にやらかしてしまった。


 

長文におつきあいありがとうございました。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
00:21 夫婦のこと comments(0)
結婚7年目初日・・・久しぶりのケンカ
 

前回の記事から10日以上放置してしまいました。

 

「妊娠生理」などとほざいていましたが,

結局,リセットでした。

 

本日はD13。

明日の朝に卵胞CKして,恐らく金曜日に最後のAIHになる。

最後のAIHといっても

普段と何も変わらないなぁと思っていましたが,

やはりいろいろ「最後」にとらわれているみたいで。

 

昨日は久しぶりに夫婦ケンカしました。

 

ケンカの理由は,主人が出張工事の依頼を受けてしまったこと。

今月は出張工事が何かと多いのです。

ひと月単位での出張になる予定が,分割になり,

分割になったお蔭で,

凍結◎〜を考えなくて済むのはラッキーなのですが・・・

 

後半も出張になる「かも」と聞かされていて,そのときに,

 

AIHの可能性が高いD14〜20は出張の予定を入れないでほしい。

D21がすぎたら,いつでも行ってくれていいから,

今回が最後やから,絶対に守って。

 

と何度も何度もゆったのに,それをすっかり忘れて,

あっさり仕事を受注しやがった。

 

主人の悪い所は,「逆切れ」すること。

普段は温和で優しいのですが,自分の非は認めない

ショーもない所でプライドの高さを出してきます。

なので,今回も,

「AIHは多分金曜日ってrammaruがゆったから!」

と言い放ち,

「自分はAIH以外の日も出張にいってはいけないと聞いていない」

の一点張り。

 

そんな態度に,いつもならばほっとくけど,今回はそれでは納まらなかった。

 

「仕事に行ったら職人仲間と飲んだ暮れて,不摂生するやろ!

◎〜のコンディションは飲酒量の影響を受けるっていっているのに!

何年治療受けてるねん。そんなこともいわなわからんのか!」

 

「人の話をきかなさすぎ!仕事をキャンセルするのは簡単やけど,

先方にも迷惑がかかる。その理由をまた私のせいにするんやろ!」

 

「そうやって,仕事の予定も資金繰りもその場しのぎでやってるから,

私に迷惑かけんねん。

そんな未熟な発想で仕事やってるから,いつまでも半人前やねん。

よぅそれで私に仕事辞めろってゆえるな!片腹痛いわ!」

 

私も普段は温厚ですが(キレやすいけど抑えてる),

キレると自分でも怖いくらい,相手をののしってしまう。

 

仕事のことまで口出ししたのは悪かったけど,

でも本当のことだもんね〜

跡取りとして大事に大事に,誉められて育った主人。

私くらいは,たまにガツンと言ってやらんとね。

 

2月14日は結婚記念日でした。

当日は何か疲れていて,夫婦揃って1930就寝だったので,

7年目のお祝いは昨日に持ち越していましたが,

もちろんそんなムードは無く・・・

 

日曜日に買ったお祝いのケーキも,ご馳走も

ぜーんぶ賞味期限が切れてしまいました。

 

今朝は普通に過ごしたけど,

なんだかまだ腹の虫がおさまらない。

今日のお弁当はサボってやった。

久しぶりに外でランチしよう。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
16:19 夫婦のこと comments(0)
今日で結婚5周年☆
 

今日はバレンタイン。

そして、私たち夫婦の結婚記念日でもあります。

 

 

祝☆5周年。

今年はカレンダーの曜日が5年前と同じで、

私たちの結婚した5年前のこの日も、

今日のように、2月にしては温かい、風の強い日でした。

当日のことを思い出しつつ一日をすごして、幸せモード♪

 

 

主人の仕事の関係で、記念日旅行は明日から近場に1泊となりました。

淡路島へ。

プロポーズを受けた思い出の地へ、今年もいってきます♪

 

 

実は、日曜日にリセットしたと思ってたのに、

不正出血程度の鮮血出血が数日続いて、

本格的なリセットは、水曜日でした。

といっても、2時間おきにナプの交換が必要なほどの量はなく、

生理3日目くらいの出血がだらだら続いてようやく今日、茶オリに。

旅行に間に合ってよかった。
 

 

妊娠生理だったのかな?と思えて仕方ないので病院に確認。

「体温が下がってるのなら、生理です。

出血が多くなった日を初日として、薬を飲んでください」

とのこと。 

というわけで、明日からクロミッド開始です。


日曜日をD1と数えたら、排卵日ごろは仕事で外せない日があった。

けど、カウントがずれたことで、排卵日もずれる?かも。

もしタイミングが合えば、今周期AIHにトライしてみます!

タイミングが合えば、だけどね。

 

 

ところで、今日、2つの妊娠報告を受けました。


 

一人は20年来のおさななじみY

ずーっと前から、「Yからの妊娠報告はへこむやろうなぁ」

と心配してたけど、思ったより平気で、心から慶べた。

 

私、成長した?ゆとりでた?と思ってたけど、

 

帰宅して郵便受けに入ってたメモをみて、

この思いが間違っていたことに気づく。

 

「あかちゃんができたので、来週からの宅配の担当者が変更になります。

いままでありがとうございました。

××分の入金が確認できませんので、よろしくお願いします。」

 

もう一つの妊娠報告は、見たことのないヨ○Kの宅配員から。

 

ちゃんと代金の入金したし、

ちょっとややこしかったから、電話でフォローもしたのに、

督促されたことがムカついたこともあって、

 

「いちいち妊娠報告せんでエっちゅうねん。一身上でよくね!?

しかも幸せボケで、入金確認まちがうんじゃねぇー!!!」

 

とか言い放った自分が怖い。

見ず知らずの人の懐妊はやっぱり気に入らないようです。

 

あ、ブロ友さんのご懐妊はこの限りではありません。

今まで何人かのブロ友さんが、妊娠・出産をされていますが、

ちゃんと慶んでますし、これからも慶べると思います!
どうぞご安心を。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
21:54 夫婦のこと comments(6)
甥っ子と主人
周期38日目 体温36.50℃

昨日の休暇は、主人+甥っ子で、白浜まで遠出しました。
(遠出の様子はメインのブログに書いてます♪)

今回は、甥っ子にパパママが付き添わない、初めての遠出。

ちなみに、甥っ子は私の姉の子どもで、
血のつながりがあるのは私なのですが、
怒らない・なんでも好きにさせくれる主人のほうにとても懐いてる。

いつもは義兄や姉に遠慮がある主人ですが、
今回ばかりは、すっかりパパ気分で甥っ子と遊んでいました。
乗り物が一緒なのはもちろん、トイレの付き添いまで。
さすがにそこまでは…と思いましたが、
甥っ子が主人に「おっしっこ〜」と先に報告するから
気づいたときには、もう二人でトイレに。

帰り、甥っ子を実家に届けて帰るときの主人の第一声。
「あ〜、やっぱ子ども欲しいわ。子どもとめいいっぱい遊びたい」

甥っ子をかわいがってくれるのはとてもうれしいけど、
この声を聞くたびに、気分は複雑。

治療に行詰っていた頃は、気遣いかあまり言わなかったけど、
手術を受けて以降、主人は「授かる」気になっているみたいで、
最近、ちょくちょく言いやがる。

私には「授かれる」という気持ちは、一切ない。
「授かればラッキー」程度にしか、いつの間にか思えなくなっている。
自分の身体は自分が一番よくわかっていて、
治療に対する身体の反応も、私しかわからない。
内膜症や他のことを話しても、
それが「=妊娠できない」という風におもっていないのだろう。

「いつか自分には子どもが持てる。家族が増える」
根拠も無くそう信じきっている主人が、
うらやましくもあり、腹立たしくもあり。

ルトラールは結局、木曜日まででやめました。
今日の日曜は、ガンガンな頭痛が。
昨日の飲み会の二日酔いかもしれませんが、
このローテンションを思うと、PMSかもね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
JUGEMテーマ:不妊治療


23:21 夫婦のこと comments(0)
初心にかえって
お久しぶりです。

GW、いかがお過ごしですか?
私は連休中、だんな様が仕事でひとりぽっち。
今日は床のワックスがけなどして、午後からはビール飲みながらたまったDVDの鑑賞会してました。

明日もこんなカンジに過ごして、明後日はだんな様に休暇をとってもらったので、7日に私も休暇をとって、鳴門へプチ旅行にでかけます。

体外勧告(と私は呼んでいる)から2週間になろうとしています。

気持ちの整理は?
まだまだですが、ちょっとずつすすんでいます。


どうして、子供は無理してまで欲しくない、 と思うようになったのか。

理由を私なりに整理すると・・・

NO!新婚当初は分担していた家事が、いつの間にか「分担」ではなく私の仕事になり、それが不満になってて、仕事もしながら家事もして、さらに育児、というのが考えられなくなってしまっている。

ということと、

NO!出口の見えない治療に疲れた

という点だということに気がつきました。

簡単にいうと、生活に疲れている、ということになるのでしょうかね。

この2点を解決するのは簡単なこと。

仕事をやめる・ダンナを教育する・治療を休む ですよね。

32歳の私には、ダンナを教育するはまだしも、仕事をやめる事も治療を休むことも出来ないです・・・。

そんなこんなで、悶々と悩んでいましたが、最近、とても簡単だけど大事な事を思い出したのです。

結婚前、私たちの未来は、二人だけのものではなく、二人+子供で描かれていた。

ひらめきスタイリッシュな家具を選ぼうとしたら、「子供が家を走り回ったら、角のある家具は子供に危ないから」といった主人。→ナチュラルカーブのテーブルに。

ひらめき大きな液晶TVを買おうとした主人に、「子供は液晶画面を押すから、高価なTVはすぐにつぶされる。」といった私。→ダンナ一人暮らしTVをそのままつかってる。

ひらめき家を決めるとき、一番大事にしたのは、小・中学校が近くにあるか、最寄り駅から高校が通いやすいか、ということ。

婚約中、家を決めるとき、家具を選ぶとき、私たち二人のコンセプトは、子供がいる生活だったはず。

目先の辛さや日常の雑務で、この基本的な夢をわすれちゃいけないよね。

確かに体力的にも経済的にも、体外には不安の多いことですが、何もしないまま諦めるのは良くないな、と思っています。

仕事や家事がつらければ、仕事を休職したり、実家に帰ることも考えて。

まずは連休明けの7日、主人と二人、旅行の帰りにY先生の神戸のクリニックへ相談に行く事にしました。

体外の説明をきいて、主人から体外を諦めるというかもしれませんし、
私もやはり嫌だという気持ちを変えられないかもしれません。

けど、まずは最初の一歩、踏み出しますね。



↓ようやく記事に貼り付ける方法がわかりました^^:
ポチ作業、よろしくです♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
JUGEMテーマ:不妊治療


23:06 夫婦のこと comments(0)
パール婚への約束
卵管閉塞のことで悶々としている毎日です。[:ふぅ〜ん:]

月曜日はブルーマンデーということもあって、仕事を休んでしまいました。ポロリ
社会人13年目に入るというのに、相変わらずメンタルトレーニングができていない私です。


休んで何もする気になれず、延々とネットで卵管閉塞を調べていると、さらにダークな気分に包まれてしまいました・・・。

くよくよしてるのはよくないので、現実逃避に、ガス抜きの記事を書きます♪
先週金曜日の夜、だんな様と結婚式場のイベントに出かけました。



ホワイトデーのディナー。
2名で10000円です。シャンパン付2メインのフレンチ、おトク感ありますよね♪

お料理はこんなカンジ。(メインのひとつとり忘れました・・・)







二人でちゃんとした食事に出かけるのは、もちろんうれしいのだけど、それが結婚式場ということで私のテンションはupupでした。

お食事は披露宴会場で。この会場には2つの披露宴会場があるのですが、今回の会場は私たちが利用した方!
私たちの席は、新婦側の一番良いテーブルあたり。

私の友達は、この近さで私たちをみていたのか〜
お花は赤のバラとイチゴと姫リンゴで、かわいかったよね〜
サプライズで窓から入場したよね〜

と、当時のことを二人で振り返って、盛り上がりました。

食事の後は、館内を自由見学。
チャペルは本番と事前見学との2回だけ入ったことがありました。
もう2度と脚を踏み入れることがない、チャペルの一番奥、新郎新婦の立ち位置に二人してもう一度立つことが叶いました。



二人してとても新鮮な気持ちになれた、夜でした。


ちなみに・・・

式場の企画で、「はにかみプラン」なるものが。
パール婚(30年)に向けて、相手に約束することを書く(だったかな?)メッセージカードがありました。
お互いこんな約束を交わしましたよ。



みなさんならば、ご主人様にどんな約束をしますか??

00:07 夫婦のこと comments(3)
1/2PAGES >>